プロバイダー契約電話加入権って?

ナローバンドと呼ばれているダイアルアップ回線を利用するインターネット接続を契約する場合には、既に使っている電話回線を利用してインターネットに接続するため、電話回線を持っていない場合には、電話加入権を購入するなり、レンタルするなりの契約が必要になります。
極端な例では、ブロードバンドでインターネットには24時間接続できても、電話加入権を持っていないために自宅に電話がないというケースもあったりします。
ただし、ブロードバンドの接続を持っている場合には、IP電話と呼ばれるインターネット電話を設置すれば通常の電話のように利用する事ができるので、電話加入権がなくても電話を利用する事も可能です。
インターネットのスピードが速いADSL回線を利用したプロバイダー契約には、電話加入権を持っている人を対象にしたタイプの契約や、電話加入権を持たない人を対象にした契約などに分類されていることもあります。
・電話加入権がない人のためのADSL回線このタイプのネット接続は、なによりもNTTから電話加入権を購入する必要がないと言う大きなメリットがあります。
電話加入権を持っていない人は、わざわざ加入権を購入しなくてもブロードバンドを楽しむ事ができます。
・電話加入権を持っている人のためのADSL回線既に電話加入権を持っている場合には、それを活用してリーズナブルにプロバイダー契約をするのが賢いかもしれませんね。
プロバイダー料金比較ランキング!【NTTフレッツ光安いのは?】