理想的な教育ローン親子リレー返済

【教育ローンは親子リレー返済が理想的】大学の学資については、親が教育ローンを組んで、支払うのも親である場合が多いのが普通ですが、このところ当事者である子供のほうも支払いに参加する親子リレー返済のローンが脚光を浴びています。
このローンは契約者は親になりますが、子供が学生の期間は親が返済していき、子供が卒業して社会人になった後は、子供がその返済を引き継ぐという方式です。
この融資の対象になるのは学費をはじめ、下宿代や教科書購入費用なども含まれていますから、幅広い用途に充てることができます。
融資限度額は500万円ぐらいが圧倒的に多いようですが、在学期間が長く、学費も高い医学部や歯学部の学生に対しては融資限度額は倍の1,000万円程度になっています。
いずれにしても大学3年生ともなると大人の仲間入りする大学生ですから、大人として自覚し、その責任を果たすためにも教育ローンの親子リレー返済は理想的な返済方法と言えるのではないでしょうか。