住宅ローンの借り換えの注意点とは?

住宅ローンを借り換えするのは、ローンの毎月の支払いを減らしたり、ローンの支払い総額を少なくするために行うものです。
そのため、借り換えをする時には今の金利よりも低い金利の金融機関に変更することが重要になります。
そうすることによって金利が下がり、返済額を下げることができるからです。
ただし住宅ローンの借り換えには注意点があります。
それは保証料などの諸経費がかかるということです。
一般的には数十万円もかかりますので、その金額を含めた総額で考えなくてはいけません。
金融機関によっては諸経費を含めると前よりも負担が増してしまうケースもあるので、注意が必要です。
またもう一つの注意点としては、今まで減税を受けていた人が、住宅ローンを換えることによって受けることができなくなる場合があるということです。
金利の低い金融機関に換えても、減税の対象から外れてしまうことによって返済がそれほど楽にならないケースもあるので、注意してください。
住宅ローンの借り換えでおすすめの銀行は?