FXスワップ金利

スワップ金利は、簡単に言えば2通貨間の金利差を指すものです。
例えば、豪ドル円の通過ペアで説明しましょう。
日本円の金利が0.
1%、豪ドルの金利が5%の場合、豪ドルの金利が大きいことは明らかです。
特に、FXの場合、スワップ金利はポジションを一旦保有すると、毎日その金利差が貰えます。
金利差が大きくなればなるほど、スワップ金利差が大きくなるため、大きな利益を産み出します。
例えば、1万豪ドルの買いポジションを保有した場合、1万豪ドルごとに100円程度のスワップ金利を毎日貰うことが出来ます。
特に、高金利通過は人気が高く、スワップ金利を利用して運用する方法もあります。