BTOパソコンケースの規格とは

BTOで使用するパソコンのケース(筐体)にはいくつかの規格があります。
それは、マザーボードの規格に準ずるもので、基板の大きさ、取り付けネジの穴や拡張スロットの位置が決まっています。
又、電源ユニット付きのケースも多く販売されており、こちらも使用するマザーボードの仕様によって種類が異なります。
融通が利いて拡張性があり無難な規格はATXです。
マザーボードの大きさは一番大きいですが、拡張スロットの数が多くボードの追加にも苦労しません。
ATXの拡張スロットの数を減らしてケースの高さを抑えた規格がmicroATXです。
この規格は単純にATXの拡張スロットを減らしただけなので、ATX仕様のケースに組み込むことができますし電源ユニットも共通です。
BTOショップに注文する際にマザーボードの規格を確認しておく事は、その後のカスタマイズに必要になりますよ。